美 · 半島

蓮池湖公園

涼しい風と雨香霧、蓮池避暑最も適して。同園は園區の最大の生態公園で、敷地面積は約79萬平方メートル、その中の水面の面積の約20萬平方メートル、緑化の面積の約43.5萬平方メートル。公園の設計は禪の教えにも少なからずを出発し、全體を通して自然、野趣、地味な景観作り、質素な自然靜雅“禪”境に観光客はなめらかで、大気、豊富な景観。公園は、水面を中心に、栽培大片ハス、蓮など水生植物を添えて、石橋、木廊、彫塑、小品、パビリオンなどのカジュアル休憩施設、夏に“次の日の葉映日無限碧、ハスの花は赤い”境地盡展の絵を作成するには、獨特の風貌公園景観。

 

無料開放


公園の観光スポット:


魚の転切り株

蓮池湖は週囲が近十裏の週りにある河港と陽澄湖の東湖、西湖、中湖に通じる。聞くところによると、蓮池湖公園未改造前、蓮池湖の週囲數十メートルの盛り上げた土。乾期中、盛り上げた土が噴き出して水面;梅雨時、盛り上げた土が流され、湖に大小の魚もこの盛り上げた土をめぐって泳ぐ、陽澄の村の人を「転魚の切り株」。


 

蓮池避暑

涼しい風と雨香霧、蓮池避暑最も適して。近所にシビリアンと赤荷映り、遠くには魚と白鷺に戯れる。夏には、避暑湖畔で、“翠蓋ルージュ碧波相と重なり合い」を出塵の最も驚くほど、詩「水郷の名所」。蓮池に沿ってそっと泳ぐ吹く風薫る、炎退暑さ。有名な大詩人皮日休はこの池の美しい風景を謡う:「荷傾いてびっくり魚は、竹の復に鶴。」

 

太平古橋

さらさらと流れの湖で、曲がったところの古風で質樸渋い古平石板橋南北両岸にまたがる。太平古橋の始まりは明、橋の長12.25メートル、幅1.27メートル(二條同広い長石條をつづり合わせて)、スパン3.70メートル。昔年、古石橋近く座庵と慈云庵。慈云庵煙籠院、階段苔の靑々として、週りの竹の木に映り、特に雨の後、雪の景色となす蓮池湖景で有名な陽澄古八景の「慈云暁晴れる」景。今、庵は、古橋完全で、雨上がり歩むと印刷している霽云霞、Shuiguang、美しさは。


長興古橋 

太陽昇った古石アーチ橋、映る澄んだ湖面のアーチ橋の影のように、風の月のように従って揺れる。長興古橋、別名「環洞橋」、初めは清雍正四年(1726),光緒三年(1905)再建、橋の長16.34メートル、幅2.45メートル、幅4.30メートル。昔はこの橋にまたがるもの、移設~蓮池湖公園が南北に。昔、すべての夏晚、明るい月が中天にかかる、疲れた一日の村人たちが集まって、この橋は上がってきて、納涼は月見して、休憩雑談。


古橋暁晴れる 

さらさらと流れの湖で、曲がったところの古風で質樸渋い古石拱橋にまたがる両岸で、この橋の始まりは、明もここの最大、最も完全な古石橋保存。昔年、古石橋近く座庵と慈云庵。慈云庵煙籠院、階段苔の靑々として、週りの竹の木に映り、特に雨の後、雪の景色となす蓮池湖景で有名な陽澄古八景の「慈云暁晴れる」景。今、庵は、古橋完全で、雨上がり歩むと印刷している霽云霞、Shuiguang、美しさは。

 

もち香取引蟹 

『元と唯亭誌』掲載:河蟹「陽澄湖者最大、殻靑、赤、名金足爪カニ、重斤許、味が一番肥沃な」。章太炎夫人湯國亀梨さんは、「詩曰陽澄湖蟹いい、生涯で蘇州へ。」聞くところによると明が大好き沈石田絵師、絵は、當時の黒インク、全は、もち米の汁に作られた、香りが鼻をつく。ある日、彼は陽澄湖サイド作畫を引いた無數のカニ、競って食墨。この村人を知ったされ、湖ではカニ籠かごに入れ、垂らす黒墨を誇り、カニ自ら網にかかる。今吃蟹に入っており、開いて、発見して、すべてのカニの腹の殻も灘墨漬染まって。


方亭望遠 

登上亭望遠、近所、水天名乗っ重元寺、建築雄大で、庭の靜寂で、仏法荘厳;遠く、碧水の靑空、白鷺ひらひらと、魚の擺尾、古木緑、桃の花が嫣然、武陵桃源は猶ためらって、また。昔はさらに「山川表、靜かな湖海呑荒。合沓臻水陸、混雑が四方。俗繁節は柔らかくて雨に沿って物も康。鳥の各翔泳ぐ魚も、草木の香り」 の名所。


五色の庭園?白園  

は重い元寺北東部地域で、植え主ハクモクレン、梨花、白ハイビスカスなどの花。白い人を明るく、清潔で、素樸で、純粋で素直な感じ、純潔と平和。白園あっさり靜かで、自然は地味で、引き立て仏門聖地の浄化と神聖。


五色の庭園?紫園

は蓮池湖東部、體現水の景観を主として、植え主ムラサキモクレン、アイリスなどの花。紫色の象徴が優美で、高貴、尊厳、人に活発で、優雅な感じが、明るい靑紫色は美しいと興奮を感じさせる。紫園中、褐色と碧水、靑空に呼応して、作るた靜か、エレガントな水のほとりの景観。


五色の庭園?黃園

蓮池湖の最も南部に位置して、ここは春と夏がやまぶき、金鶏菊、秋はイチョウ、モクセイ、冬がロウバイ。彩度の高い人には黃色、高貴、光、光り輝いて、光り輝いて、柔らかいの感を象徴する希望、快楽と知恵。黃園內年を通して、明るい黃色係花絶え間なく化を心の底に暖かい日差し。


五色の庭園?橙園 

蓮池湖の西側に位置し、植え主桔樹、ビワ、カキの木、シトロンなど。オレンジ色は赤や黃色の合成色、両方の熱い、光明の特性を象徴する暖かさと喜びには明るい、健康、あたたかい感じ。すべての摘み季節、暖かいオレンジ色の成果で隠れて枝葉の間には、また別の趣。


五色の庭園?紅園

湖北省は蓮池、植え主カンナ、カイドウ、紅花玉蘭など。赤い情熱を象徴しているが、奔放、喜びと活力に派手に、香りと成熟靑春の感じ、非常に注目性、誘視性と美しさを。紅園內、紅花色艷、感じのダイナミック。